展示替え

5月20日に展示替えを行ないました。18日夜、ドラックアウトスタジオに展示されていた作品はすべて佐賀町アーカイブに搬入済み。

箱のサイズが90×90×180cmある眞島竜男さんの《太陽 ドラックアウトスタジオ・バージョン》を可動壁を開けて設置。箱の上のオブジェクトは、眞島さんが箱の中に入り、実際にパフォーマンスを行なって設置されました。

 そこから他の作品を組み替えていきます。設置に来られなかった木村太陽さんの《シヴァな周波数》も眞島さんと荻野僚介さんとで展示。荻野さんは、それに合わせて自分の絵画の位置を決めていきます。

展覧会製作の菊地敦己はともに作業しながら常に全体を見ています。「佐賀町2000 希望の光」からの14年の時間が、作品をよりよい場所に置いたようにも見えました。

P1030481P1030484 P1030486P1030485 P1030488P1030487 P1030489P1030492 写真 3-1写真 5

投稿者:yuris 投稿日:2014年05月31日