灰色展会場風景

「灰色展」6月15日まで毎週、金・土・日曜12〜19時開催中。佐賀町アーカイブでの 展示風景をちらっとお見せします。

ホワイトキュープの奥の壁に見えるのは、眞島竜男によるオブジェクトのドローイング。ガラス壁から続く、木村太陽の鉛筆画は、1人の顔写真から11人の顔を妄想して描かれています。描き込みがいろいろあり、ぜひ間近で。荻野僚介は初の映像作品を出品。平面と呼応しています。眞島竜男のドラックアウトスタジオでのパフォーマンス映像は、5月17日開催分まで毎週入れ替わります。

 ホワイトキューブの裏側にも展示が続きますので、中にお入りになってご覧ください。

P1030412P1030406

写真 4-4P1030425

 

 

投稿者:yuris 投稿日:2014年05月10日